2017-01-02

ガダラの豚 中島らも

お正月は観たいテレビも無いので読書三昧! 今年最初の本は再読なんだけど、中島らもの『ガダラの豚』です。 アフリカの呪術、マジック、超能力、仏教、ドラッグ、新興宗教、常世神、テレビ業界なんかのうんちくをちらばめながら冒険活劇が展開されるわけなんだけどこれが面白い。
2016-07-12

箸井地図さんの漫画が読みたいっ!

最近、繰り返し、原作:清涼院流水、原案・脚本:大塚英志、作画:箸井地図の『探偵儀式』を読んでいる。
ストーリーも面白いのだけれど、何より箸井地図さんの絵が見たいのだ。

なんちゅうか俺的には漫画とは箸井地図さんの絵だよなぁと本当に思うのだ。
適度にデフォルメされてて女の子も可愛いし野郎もかっこいいしきちんとキャラクターが描き分けられているし…

2016-06-28

ヤン・シュヴァンクマイエルのアリス

友達が「家にあるよりブラコメに在ったほうが良いような気がして」と持ってきてくれた本。
ヤン・シュヴァンクマイエルの『不思議の国のアリス』。

シュヴァンクマイエルのアニメーション作品はコマ撮りで、どこか我々を不安にさせるようなものが多い。
だいたい映画作品のアリスに出てくる時計を持った兎なんかは剥製が動き出した兎で、時々中の詰め物をこぼして歩いたりするのだ…。